就職を果たすために

Posted by

地方公務員でも国家公務員でも、就職するために、採用試験への合格が必要となることに変わりはありません。採用試験を受け、合格して内定をもらい、採用されるというのが一般的な流れです。ただし、採用されるまでのフローは、公務員の種類によって大きく違っている状況にあります。また、国家試験では、教養試験・専門試験・論文・面接を受け、合格する必要があります。

公務員の採用試験に対する準備を進めるためには、一般に、大学で学ぶことが多いものの、専門学校に通うという方法も選択することが可能です。カリキュラムの内容は、学校による違いもあるものの、在学期間が大学では4年間ですが、専門学校の場合は2年間しかありません。そのように、短い期間で受験に必要な学習を終わらせるためには、それなりにハードなスケジュールをこなさなければなりません。また、公務員としての就職ができなかった場合、専門学校卒業の学歴だけで就職活動をすることとなり、大卒者よりも不利な立場になる可能性があります。

とは言うものの、専門学校は、短期間で集中的に学ぶため、自信とやる気次第では、公務員になるための近道となります。また、専門学校には、自分と同じ目標を持つ学生が多く、モチベーションが持続しやすいという利点が存在します。