就職を果たすために

地方公務員でも国家公務員でも、就職するために、採用試験への合格が必要となることに変わりはありません。採用試験を受け、合格して内定をもらい、採用されるというのが一般的な流れです。ただし、採用されるまでのフローは、公務員の種類によって大きく違っている状況にあります。また、国家試験では、教養試験・専門試験・論文・面接を受け、合格する必要があります。

公務員の採用試験に対する準備を進めるためには、一般に、大学で学ぶことが多いものの、専門学校に通うという方法も選択することが可能です。カリキュラムの内容は、学校による違いもあるものの、在学期間が大学では4年間ですが、専門学校の場合は2年間しかありません。そのように、短い期間で受験に必要な学習を終わらせるためには、それなりにハードなスケジュールをこなさなければなりません。また、公務員としての就職ができなかった場合、専門学校卒業の学歴だけで就職活動をすることとなり、大卒者よりも不利な立場になる可能性があります。

とは言うものの、専門学校は、短期間で集中的に学ぶため、自信とやる気次第では、公務員になるための近道となります。また、専門学校には、自分と同じ目標を持つ学生が多く、モチベーションが持続しやすいという利点が存在します。

国家公務員について

「キャリア」という通称で呼ばれているのが、国家公務員です。国家公務員の一般職では、日本の将来を大きく左右する仕事に携わるので、社会貢献をしたい人、リーダーシップの能力に長けている人には、適性がある職業と言えます。国家公務員は、事務系と技術系の職種に大別されます。それらの内、事務系の職種には、内閣府や金融庁、入国管理局など、それぞれの省庁で行なう事務作業などが存在します。また、技術系職種では、環境や農林水産業などに関する研究・調査の仕事を行ないます。これから国家公務員になることを目指す場合、まずは事務系・技術系の内、どちらの職種に就きたいのかを考えてみると良いでしょう。

国家公務員として昇進・昇給するスピードや、生涯で得ることのできる収入は、高卒資格しかない人よりも、大卒資格を持つ人の方にアドバンテージがあります。このような現在の状況を変革しようという意見も出ているものの、今のところ、学歴社会の影響が強い職種ともなっています。

また、国家公務員として就職した場合、転勤が必須条件となっているため、家族にもそれなりの影響が及ぶこととなります。とは言え、国の重要な仕事に携わることができるのは魅力的です。

専門学校利用と独学

公務員の中でも、国家公務員になるためには、国家試験への合格が必要条件となり、それなりのしっかりとした準備をしなければなりません。公務員になるための勉強を、自分1人でするのは自信がないという場合、専門学校に通うという方法があります。専門学校では、受験のプロがノウハウを伝授してくれるので、学習のポイントが把握しやすく、ターゲットを絞った受験勉強をするのに適しています。また、公務員試験の準備に関する疑問や不安があれば、専門学校の講師に質問・相談して、回答・アドバイスを得ることができるというメリットもあります。また、専門学校には、自分以外にも、公務員になることを目指す生徒がいるので、お互いに刺激し合うことで、学習の効率を良くすることが可能となります。ただし、専門学校の学費や教材の購入費用、通学のための交通費などを負担しなくてはいけないという問題点も存在します。

その一方で、独学の場合には、自分のペースで学習を進めることができ、コストや通学のための時間・エネルギーの負担が掛からないというメリットがあります。ただし、自分1人の学習環境では、刺激が少なく、モチベーションの持続が難しいという問題もあります。

公務員の専門学校

これから公務員試験の受験勉強を始めようと思いながらも、その方法が分からないという人も見受けられます。公務員試験の受験準備は、独学でも対応できますが、自分1人で勉強するのはたいへんだという場合、専門学校を利用することが可能です。専門学校に通う場合、その道のプロフェッショナルがカリキュラムの作成や教材の選定を行なってくれます。そのため、自分でスケジュールを立てたり、教材を選んだりする自信のない人でも、安心して学習を進めることができます。また、専門学校では、分からないことや不安に思うことを質問・相談できる講師、自分と同じ夢を持ち、お互いに良い刺激を与えあえる生徒がいるというアドバンテージもあります。

公務員の中でも、国家公務員は、「キャリア」という通称で呼ばれており、わが国の将来に大きくかかわる仕事を行ないます。こちらは、社会的に貢献したい人やリーダーシップが取れる人に適した職業と言えます。また、国家公務員は、転勤が必須条件なので、家族に及ぶ影響も考えた上で就職を検討することをおすすめします。とは言うものの、国の重要な仕事に取り組めるのは、この職業の魅力です。

このカテゴリーでは、公務員試験の準備をするために専門学校へ通うという方法について、詳しく解説してまいります。皆さんの中で、公務員試験への合格を果たすべく、受験勉強を始めようとお考えの方は、是非チェックして、お役立ていただけますと幸いです。